MEMBERS
メンバー

代表メッセージ

北出 宗治 MUNEHARU KITADE 代表取締役社長 兼 CEO(Founder)

店舗の未来を、切り拓く。

-Leading the Future of RETAIL-

今、小売店舗を取り巻く環境は、急激な労働人口の減少と、スマートフォン、AI、IoTはじめとしたテクノロジーの進化により、大きな転換期を迎えています。
デジタルトランスフォーメーション、OMO(Online Merges with Offline-オンラインとオフラインの融合-)、リテールテックといった様々な表現で、ネットとリアルのシームレスな融合によるサービス提供や、省人化/無人化への移行の必要性が顕在化していますが、小売事業者のみで、この大きなパラダイム転換を実現することは困難です。

AWLは、小売事業者が抱える課題を解決するために、店舗に設置されている「防犯カメラ」に着目しました。
防犯カメラは、事件や事故の際に、当時の様子を記録するために設置されていますが、このカメラを「人間の目と頭を補完するための、データ入力デバイス」として再定義することで、大きなイノベーションが起こせると考えたのです。

店舗に既設の防犯カメラはそのままに、そのカメラで取得する映像データを、独自に開発したAIエッジデバイス「AWL BOX」でリアルタイムに解析し、店舗で働くスタッフと連携することで、現場の負荷を軽減すると共に、オンラインのデータとつなぎ合わせることにより、オンライン・オフラインがシームレスに融合した新たな価値を創出する基盤(プラットフォーム)を構築することができるようになりました。

このAIカメラプラットフォームを軸に、多様なパートナーと協業し、リアル店舗の価値を最大化できるよう、未来を切り拓く挑戦を続けていきたいと思います。

AWL株式会社 代表取締役社長兼CEO 北出宗治

1978年北海道苫小牧市生まれ。
⼤学在学中からインターネットビジネスを始める。IT⾰命の可能性に魅了され、⼤学卒業後は⽶コンサルティング会社(D.C.)、⽶レコード会社(N.Y.C)にてWEBマーケティング&コンサルティングを担当。
帰国後、マンツーマン英会話のGABA社のIT部署の立ち上げに参画。WEBマーケティング部を統括し、同社の上場に貢献。
その後、ライブドア社にてメディア事業部マネジャーとして多数の事業立ち上げを経験したのち、2006年に独立。
GMOインターネット社とのJV設立(取締役)や、電通アイソバー社のパートナーとして⼤⼿企業を中⼼としたコンサルティング、多様な業種、規模感におけるITを活用したサービス、事業、会社立ち上げのプロデュースを行う。
2015年に北海道大学川村教授との出会いをきかっけに、AIの社会実装を推進すべく、2016年6月にAWL株式会社(旧AI TOKYO LAB(株))を創業。

取締役

土田 安紘 Yasuhiro Tsuchida

土田 安紘

取締役CTO(弁理士)

北海道勇払郡生まれ。
北海道大学大学院修士課程修了。
2001年4月に松下電器産業株式会社(現パナソニック(株))に入社し、NTTドコモ向け携帯電話のミドルウェア開発に従事の後、本社R&D部門にて幾つもの新規事業開発プロジェクトを牽引。その後、米国シリコンバレーでの社内起業プロジェクトリーダに抜擢され、2012年から2016年まで米国・日本市場向けのモバイルO2Oサービス事業の立ち上げを主導。
AI新時代の到来、AI活用ビジネスの最前線で業界リーダーとして”ふるさと北海道”からグローバル市場を切りひらくための挑戦の場として魅力を感じ、参画。全社技術戦略、知財戦略を統括。2019年9月に取締役就任。

富山 浩樹 Hiroki Tomiyama

富山 浩樹

社外取締役

1976年札幌生まれ。
2007年株式会社サッポロドラッグストアーに入社。
営業本部長の傍ら2013年に株式会社リージョナルマーケティングを設立し、北海道共通ポイントカード「EZOCA」の事業をスタートする。
2015年5月に代表取締役社長に就任。同年8月にはサツドラホールディングス株式会社を設立し代表取締役社長に就任。その他 株式会社コンサドーレ、株式会社出前館、バリュエンスホールディングス株式会社にて社外取締役 を務める。

上級技術顧問

川村 秀憲 Hidenori Kawamura

川村 秀憲 博士(工学)

北海道大学 教授 上級技術顧問 (Founder)

1973年釧路生まれ。2000年3月北海道大学大学院博士後期課程修了。同大学助手、准教授を経て2016年同大学教授。2007年~2008年、日本学術振興会海外特別研究員、ミシガン大学客員研究員。2017年6月から北海道の人工知能(AI)の産業活用を広げるための産学官の組織「SAPPORO AI LAB」の座長に就任し、北海道のAI活用における中心的役割を担う。人工知能に関する発表論文多数。

Biplab Banerjee

Biplab Banerjee 博士(工学)

技術顧問

West Bengal University of Technology (2008年)とJadavpur University (2010年)において、コンピュータサイエンスとエンジニアリングのB-TechとM-Engg学位を取得。2015年、インド工科大学(IIT)ボンベイ校にて機械学習の分野で博士号を取得。その時の論文は「優秀論文賞」を受賞。2016年10月から2018年5月、インドIITルーキー コンピュータサイエンス&エンジニアリング学科の助教授に就任。ドイツのTU Munich Germany, ベルギーのGhent University Belgium, 韓国のKyungpook National University他の終身客員教授も務める。イタリアのIstituto Italiano di Tecnologia Genova、フランスのNormandy Universityにおいて2つの博士課程修了後の課題に取り組む。2018年6月よりIIT資源工学研究センター (Centre of Studies in Resources Engineering / CSRE)において機械学習とビジュアルコンピューティングの助教授を務めるとともに、IITボンベイ校マシンインテリジェンス&データサイエンスセンター(Center of Machine Intelligence & Data Science / MInDS)に所属。EE部門、IITボンベイのビジョン&画像処理グループと密に連携しながら最先端の研究に取り組んでいる。2020年7月、AWL株式会社の技術顧問に就任(プレスリリース)。 IITボンベイでは、現在約8人の博士課程の学生、10人の修士課程の学生、約10人の学部生で構成されるリモートセンシング&コンピュータビジョン研究グループでディープラーニング研究を牽引。この研究室では画像分析とビデオ分析におけるディープラーニング技術のさまざまな側面にアプローチしている。最近の研究テーマには、ゼロショット学習、メタラーニング、マルチタスク学習、ドメイン適応と転送学習、リモートセンシングデータのマルチモーダル解析、深層強化学習などが含まれ、AWLのエンジニアは定期的に開催されるディスカッションを通し、助教授から様々な知見・刺激を得ている。

スタッフ

高橋 誠 Makoto Takahashi

高橋 誠

シニアプロジェクトマネジャー

東洋 武士 Takeshi Toyo

東洋 武士

シニアプロジェクトマネジャー

Rentería Rochín Francisco

Rentería Rochín Francisco

シニアプロジェクトマネジャー

土田 美那 Mina Tsuchida

土田 美那

HR部門 チーフマネジャー AI HOKKAIDO LAB エリアマネジャー

渡部 弘人 Hiroto Watanabe

渡部 弘人

シニアプロジェクトマネジャー

Ghourabi Fadoua 博士(工学) Ghourabi Fadoua Ph.D (Engineering)

Ghourabi Fadoua
博士(工学)

シニアAIリサーチャー

廣瀬 優二 Yuji Hirose

廣瀬 優二

チーフソリューションエンジニア

氏家 要 Kaname Ujiie

氏家 要

チーフソリューションエンジニア

石堂 慎介 Shinsuke Ishido

石堂 慎介

シニアプログラマー

半澤 寛典 Hironori Hanzawa

半澤 寛典

シニア開発マネジャー

藤松 純沙 Azusa Fujimatu

藤松 純沙

コーポレートスタッフ

佐藤 圭 Kei Sato

佐藤 圭

AIエンジニア

史 興 Xing Shi

史 興

AIエンジニア

Mehta Naman

Mehta Naman

AIエンジニア

Gatchenko Viktor

Gatchenko Viktor

AIエンジニア

Floriach Pigem Marti

Floriach Pigem Marti

ソリューションエンジニア

千葉 祐貴 Yuki Chiba

千葉 祐貴

AIソリューションプランナー

打田 由希 Yuki Uchida

打田 由希

コーポレートスタッフ

and more...!

and more...!