AWL BOXの技術・特長

車載品質のDNNチップ・SoC・基板設計により高信頼・耐久性運用が可能なエッジ型映像蓄積・推論デバイス
「AWL BOX」

  • 世界7,042種類のIPカメラに対応

    AWL BOXは世界7,042種類のIPカメラに対応しているので、簡単な設定作業のみで、店舗に既設の防犯カメラをAI化することが可能です。アウトバウンドのみのインターネット接続に対応することで、ウィルスや不正アクセスを防ぐセキュリティ対策をしており、安心して店舗に設置、ご利用いただけます。

  • 車載品質で壊れにくい

    AWLが台湾のFox conn社と共同開発したAIエッジコンピューティング端末の「AWL BOX」は、PoCのように短期利用を前提としたデバイスとは大きく異なり、店舗において長期間の連続使用を想定し、車載品質まで耐久性を高め、保守性や交換コストに配慮した実用レベル基準となっています。

  • カメラを超えた人物トラッキング

    AWLが独自に開発をしたPerson ReID技術により、複数のカメラを人物が横断しても、「一人の同じ人物」と特定ができるため、入店から退店までの詳細行動を一筆書きで分析することが可能です。

  • 小型・低消費電力・大容量

    AWL BOXは店舗に置いた際に邪魔にならないよう、小型、低消費電力となっております。外付けHDDを増設することで、長期間の映像保存にも対応しています。

  • Microsoft Azure Certified for IoTを取得

    Microsoft Azure Certified for IoTの認証とは、Microsoft Azureとデバイスをつなぐ「Azure IoT Hub」との接続を事前検証したデバイスに与えられる認定です。
    Microsoft Azure IoTにより様々な環境からでもAWL BOXと連携が出来き、より快適なIoTソリューションをサポートします。
    ※Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

サイズ 200x200x43.5mm
消費電力 30W
ストレージ HDD:2TB eMMC:64GB
メモリ 16GB
OS カスタマイズLinux