株式会社JTBコミュニケーションデザイン

株式会社JTBコミュニケーションデザイン

万華響FINAL公演で、AWL thermoが来場者の体温測定を瞬時に完了

株式会社JTBコミュニケーションデザイン

株式会社JTBコミュニケーションデザイン

イベント会場 / 体温検知・健康管理, 業務効率化・省人化

導入前の
課題
  • ハンディタイプの体温計を試したが、測定結果の信頼性に不安

  • ハンディタイプの体温計は、測定に時間がかかる

  • ハンディタイプの体温計は、お客様に接近するため、スタッフに感染の危険性

  • ハンディタイプの体温計は、専任スタッフが必要

課題の
解決策
  • 非接触で、瞬時に複数人の体温検知を高精度で行うことができるAWL thermoの導入

導入後の
成果
  • 体温測定精度が高く、「異常ありません」という音声通知がお客様への安心感につながった

  • 立ち止まることなく瞬時に複数人の測定ができるため、お客様がスムーズに入場

  • 混雑や混乱がなく入場できたので定刻に公演を開始することができた。

  • 検温専任が不要となり、スタッフの負担や感染の不安を大きく取り除くことができた。

  • お客様、スタッフ、出演者が皆、安心して公演を迎えることができた。

株式会社JTBコミュニケーションデザインの田中秀幸様に
AWL thermo導入について
お話をお伺いしました!

JTBコミュニケーションデザインは、ミーティング・イベントの企画運営、国際会議・学会運営、展示会主催、各種プロモーションの企画、組織活性支援、エリア活性支援、コンテンツ創出等の事業を展開しています。
あらゆるコミュニケーションに関するプロフェッショナルとしてそのノウハウとスキルを融合させ、サービスと知見を提供、お客様の想いの先まで実現します。

Webサイト: https://www.jtbcom.co.jp/

来場者全員の検温にあたり、時間・スタッフの労力・感染リスクが大きな課題だった

AWL thermo導入の背景について教えてください。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、万華響の公演は2月から中止を余儀なくされていました。5月の緊急事態宣言解除後に第2波への懸念が広がり、エンターテインメント系のイベント開催が見送られる中、公演再開に向け、コロナウイルス感染症対策をどう行っていこうか悩んでいました。実は3月頃から、再開時のお客様の検温を想定し、市販のハンディタイプの体温計を社内で何度も試しましたが、測るたびに温度が変わり、精度に不安があり実際にお客様に対しての利用はできないのではないかと感じました。さらにスタッフの労力・ストレス・感染が心配でした。

そんな時に、AWLのことを知った社内のメンバーが実際にAWL thermoのデモを体験しました。非接触で誤差が少なく、お客様の負担も少ないというところに魅力を感じ、導入を決めました。


効率良い検温! お客様の安心感も得られた

実際にAWL thermoを設置して操作はいかがでしたか。

設置は30分ぐらいで簡単にできました。マニュアルもわかりやすく、当方のスタッフだけでも対応に困ることはありませんでした。

AWL thermoを設置して、実際のお客様入場時の効果はいかがでしたか。

入場時に音声で発熱の有無がわかるようにしていたので、「異常ありません」という音声通知や、モニターに体温が表示されることがお客様の安心感につながっていてよかったと感じました。スタッフも安心して接客ができました。

開場から開演までの時間内にすべてのお客様の検温が終わるのか不安でしたが、立ち止まることなく7人ぐらい同時に測定できたので入場がスムーズで、開演に無事間に合わせることができました。
期間中にいろいろなことを想定して準備していましたが、入場での混雑や混乱なくすべての公演を終えることができて本当によかったです。

AWL thermoの高精度さとスムーズな入場には出演者の方も驚かれ、興味を持っていらっしゃいました。というのも、ハンディータイプで体温を測って入場いただく公演が多く、開演時間にお客様が入り切れず公演開始時間が遅れてしまうことが多いそうです。
今後も出演者の方にとって需要が高いでしょうし、お客様への安心感も強いと感じました。運営スタッフの負担も少なくて済むので、これからのスポーツやエンターテインメント業界にとって需要が高いのではないでしょうか?

今後のエンタメ業界を担う体温検知ソリューション

最後に、AWL thermoを設置してよかった点は何ですか?

設置の簡単さや精度の高さでお客様に安心感を与え、スタッフの負担も軽減されたことはもちろん、人件費に換算することを考えるとすごくリーズナブルだと感じます。
スポーツやエンターテインメント業界で、ハンディタイプでの検温を行っている場合がまだ多いですが、今後はこのソリューションに変わっていくと思います。
今回AWL thermoを選んで本当によかったです。

どうもありがとうございました。